【お稽古日誌】シャガの花が伝えてくれた「一期一会」

ライフスタイル
スポンサーリンク

初めまして!表千家流の茶道講師・山下晃輝です

今日の記事は、私が開いている茶道教室の日記記事になります

茶道教室については、下の記事をご覧ください

3月のお稽古も、昨日のお稽古で最終でした

炉の時期も残すところ4月のみとなり

5月から風炉になるので、炉は4月で終わりです

炉のお稽古も、11月から始まり、今月で5ヶ月目と続いてきましたので

今月は、みなさんそれぞれに、初めてのお点前発展的なお点前のお稽古を、積極的に行いました

薄茶点前については

・最後拝見に出す形

・すべての道具を飾り付ける「総飾り」

濃茶点前に入られている方は

・茶筅を水指の上に飾りお点前を始める「茶筅飾り」

・濃茶に続いて薄茶を点てる「続き薄」

などなどお稽古しました

みなさん、こうした、新しいお点前を学ぶこと・発展的なお点前をお稽古すること

楽しいです!

との感想で、嬉しかったです

まだ身につかないお点前のお稽古をする中にも

普通の薄茶点前・濃茶点前の部分はすでに自然にできている姿

「次はこうして」とお伝えした時も、慌てることなく、落ち着いて身体が動く姿

が見えました

みなさんの成長を感じる、3月のお稽古でもありました

床の花はシャガの花

毎年くれる方がいて、ありがたく使わせていただいています

このシャガの花、お稽古終わりにはこんな感じになっていました↓

お分かりいただけますか??

最初一つしか開いていなかったのが、お稽古が終わる頃には3つの蕾が開いていたのです

床の字は、一期一会いちごいちえ(「一期一会」の解説は下の記事をご覧ください)

茶道の花は、生命を生けます

この日のシャガの花は、蕾が開き、そしていつか開いた花を落とすだろう姿に、確かに我々に

生命の「一期一会」を感じさせてくれました

ありがとう

くり返し読みたい禅語 [ 臼井治 ]
楽天ブックス
¥ 1,320(2021/03/01 12:49時点)
タイトルとURLをコピーしました