【禅語】「柳緑花紅」の意味・解釈|原典の漢詩から解説

掛軸の禅語
スポンサーリンク

『mame-sadou.com』にようこそ、表千家流の茶道講師・やましたです!

禅語「柳緑花紅やなぎはみどりはなはくれないの意味・解釈を、原典・現代語訳から解説した記事です。

出典は蘇東坡そとうば1037~1101)が詠んだ漢詩で、その中では「柳緑花紅真面目」と詠われました。この言葉の意味は後ほど解説します。

茶の湯の世界では春の季節、4月頃に掛けられることが多く、茶道をしている方には馴染みのある禅語ではないでしょうか。

この記事を読むことで、そんな禅語・柳緑花紅とは何か、一通り知っていただけるはずです!

それでは早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

「柳緑花紅」の出典

「柳緑花紅」の出典は蘇東坡そとうばの詩であるといわれています

蘇東坡(1037~1101)は、蘇軾(そしょく)の名で知られる高名な政治家でもありました

蘇東坡は、春の景色が目の前に広がるのを見て

「柳緑花紅 真面目」(やなぎはみどり はなはくれない しんめんもく)

と詠いました(『東坡禅喜集』)

「柳緑花紅 真面目」とは現代語ではどうなるでしょうか?次に見ていきます

「柳緑花紅真面目」の現代語訳

「柳緑花紅真面目」の現代語訳については、まず「真面目」は以下のようになります

真=真実の

面目=姿

「まじめ」と読みたくなりますが、違うのですね!

ですので、「柳緑花紅 真面目」の現代語訳は次のようになります

「柳は緑であり、花は紅であり、これが本来ありのままの姿である」

見た景色をそのまま言ったような言葉ですが、その解釈を次に見ていきます

「柳緑花紅」の意味

そのものの中にある尊さ

柳はみずみずしい緑の枝を垂らし、風に揺られます

花は蕾を開き、紅い花を咲かせ、香ります

そのものそのままの姿が美しく、その奥には本質的な尊さがあります

これは生命そのものといえ、他のどんなものについても同じことが言えます

柳は紅くなる必要はありませんし、花は緑になる必要はありません

ただそのままの尊さが美しいのです

「柳緑花紅」は、そんなことを伝える言葉です

「柳緑花紅」が教えてくれること

どんな時も自分の中にある尊さ

仕事や家庭など社会生活を営む中では、様々な役割を求められることがあります

「上手くやらねば」とプレッシャーを感じる時もあれば、「失敗してしまった」と落ち込む時もあります

ですが、柳は紅くなれないように、花は緑になれないように

最初から求められた役割を100%こなせることは難しいものですし、自分自身がその役割に染まってしまう必要もありません

柳は緑で、花は紅であるのと同じで、それは当たり前のことです

先ほど、どんなものにもその奥には、本質的な尊さがあるという話をしましたが

自分自身の奥底にもそれはあり、それは生命そのもので、「本来の自分」といえるものです

その「本来の自分」は、何事にも動じることはありません

「柳緑花紅」は、そんな、ともすれば忘れがちな、「本来の自分」を思い出させてくれる言葉なのです

そのままを見ることの大切さ

「柳緑花紅」は、どんなものにも本質的な尊さがあることを教えてくれるのですが

周りの人・ものについて、その尊いそのままの、本質的な姿を正しく見ることができているか

ということを考えさせられもする禅語です

まさに、今・現在、自分は見ることができているだろうか?深く考えさせられます

期待や思い込みなどのレンズを通さず、ありのままの姿を見ること

「柳緑花紅」の禅語は、その大切さに気づかせてくれます

「柳緑花紅」の季節

「柳緑花紅」の掛軸は、茶道の世界では4月頃に掛けられることが多いです。

「柳緑花紅」は、蘇東坡が春の景色を見て詠ったものであることからも、春に掛けるのがぴったりです。

柳の新芽が生え出てくるのは3〜4月頃。

「花」は、蘇東坡がなんの花を見て詠ったかは定かではありませんが、お茶席に掛けられる際には、桜の花や桃の花と取られることが多いです。

桃の花期は桜の花期より少し早くなりますので、掛ける時期によって、どちらの花を見るかは変わってくるかと思います。

まとめ

ということで、禅語「柳緑花紅」についてまとめますと

原典は、蘇東坡の詩の「柳緑花紅 真面目」

現代語訳「柳は緑であり、花は紅であり、これが本来ありのままの姿である」

何ものもが持つ、生命そのものの本質的な尊さ・美しさを伝える言葉

苦しい時・辛い時ほど身にしみて、心をフッと軽くしてくれる禅語で、広く愛されていることもよくわかります

以上です!

この記事が、禅語「柳緑花紅」について調べている人の、お役に立ったならば嬉しく思います

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

くり返し読みたい禅語 [ 臼井治 ]
楽天ブックス
¥ 1,320(2020/09/02 12:23時点)
タイトルとURLをコピーしました