【表千家】「旅箪笥(たびだんす)」のお点前・飾り方|画像付き解説

お点前【表千家】
スポンサーリンク

『mame-sadou.com』にようこそ、表千家流の茶道講師・やましたです!

「旅箪笥」のお点前・飾り・けんどん蓋の扱いについて解説した記事です。

一般的な棚のお点前ではだいたい、それぞれ棚への飾り方に違いがあるだけなのですが、表千家の旅箪笥のお点前には、飾り方に加えて3パターンあります。

そんな旅箪笥のお点前のうち、最も基本となる水指を出してくる形について、炉と風炉どちらの扱いについても説明しています。

旅箪笥での道具の飾り方、けんどん蓋の扱いについても、画像付きでまとめています、

茶道初心者の方の予習・復習のお役に立てばと作成した記事です。
この記事が、茶道をしているみなさまの、お役にたてば嬉しいです

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

旅箪笥のお点前の3パターン

地板と棚板の間隔が狭いため、水指は最初の位置のままだと水をすくえません

ですから「旅箪笥」のお点前は、水指の水をすくえるように設計されているのですが

その方法が3パターンあるのです

①最初に水指を手前に引く(画像左)

②「芝点」:下の棚板を取り出す(画像中)

③下の棚板を上の棚板に重ねる(画像右)

この3パターンです

以下、①から見ていきます(②③については↓の記事にまとめています)

「旅箪笥」は風炉でも使えるのですが、主に4月に使いますので、炉の薄茶点前について、今回は解説していきます

「水指を手前に引く」お点前の流れ

お点前のはじめ

①お茶碗を持ち出す

まずお茶碗を茶道口に置き一礼し、点前座・棚前に座り、お茶碗を勝手付き(左側)に仮置きします

②けんどん蓋を開ける

けんどん蓋を開けます

(けんどん蓋の扱いについては、この記事の後の方で解説しています)

③水指を点前に引く

水指を点前に引きます

不安定にならないよう注意しながら、水指が棚から3分の1ほど出るくらい出します

④薄茶器と茶碗を置き合わせる

棚板に飾っている薄茶器を一手で、水指前・少し右に置きます

それから、仮置きしていたお茶碗を、薄茶器に置き合わせます

その後建水を持ち込み、以後、普通のお点前です

飾りの崩し方については、この記事の後の方で解説します

お点前の終わり

①普段通りに片付けていく

ほぼ最後まで、一般的な方法で仕舞っていきます

二飾りを作る場合なら柄杓・蓋置・薄茶器を飾り、初飾りなら薄茶器のみ飾り

建水→お茶碗の順で、いつも通り持って帰ります

②水指を棚の中央に戻す

水次やかんを持ち出すと、水指を畳の上・膝前に出してきて、水を注ぎます

水を注ぎ終えると、水指は地板の真ん中(お点前の最初の位置)に戻します

それからけんどん蓋を閉め、水次やかんを持って帰り、お点前を終えます

拝見があった場合は、水次やかんを使い持って帰った後、拝見に出した道具を取りに来て、薄茶器を棚に飾ってから、けんどん蓋を閉めます

「芝点て」のお点前の流れ

棚板を出してきて、畳の上に敷き、その上に薄茶器・茶筅をおきます

旅箪笥は、千利休が戦の際に屋外で使ったものを原型とする、と言われています

「芝点」は、そうした屋外での趣を感じさせるお点前となっています

詳しいお点前の流れは、↓の記事をご覧ください

「下の棚板を上の棚板に重ねる」お点前の流れ

「下の棚板を上の棚板に重ねる点前」のお点前の流れについては、↓の記事をご覧ください

旅箪笥の飾りの作り方・崩し方

旅箪笥の飾りは二飾りまであります

初飾り(画像左):

水指・薄茶器

二飾り(画像右):

水指・薄茶器・柄杓・蓋置

柄杓を、棚板の切り込みへ掛けるという、他にない特殊な飾り方になります

初飾り

飾り方

①柄杓・蓋置を仮置きする

水指の蓋を閉めると、棚板を初めの位置に戻す場合は戻してから

柄杓を右手で取り自然に左手で節を裏から持ち、建水に合を落として掛けます

それから蓋置を右手で取り左手に乗せ、棚の前に向き直り、左手で建水下に滑り込ませます

②薄茶器を飾る

お茶碗を左手で取り、右手で仮置きします

それから薄茶器を一手で真ん中の段の中央に飾り、初飾りの完成です

③道具を持って帰る

そして柄杓を左手で取り右手で正面に持ち直し、蓋置を左手で取りこれも右手に持たせ、左手で建水を持ち、水屋に帰り

次に茶碗を持ち帰ります

④けんどん蓋を閉める

水次やかんを持ってきて、水指に水を注ぎ終えると、けんどん蓋を閉め

茶道口で、水次やかんを前に置き一礼し、お点前を終えます

崩し方

最初、お茶碗を持ち出すと仮置きして、けんどん蓋を開けます

「水指を手前に引く」お点前なら、水指を手前に引き、そうでないならそのままで

薄茶器を一手で棚前少し右に置き

仮置きしていたお茶碗を左手で取り、右手を添えて持ち直してから左手で、薄茶器に置き合わせます

これで飾りは崩せたので、以降お点前を進めていきます

二飾り

飾り方

水指の蓋を閉めるところまでは普段のお点前と一緒です(柄杓は飾流ので湯返しをしておきます)

①柄杓を飾る

水指の蓋を閉めると、棚板を初めの位置に戻す場合は戻してから

柄杓を右手で取り自然に左手で節の上あたりを裏(「身」の方)から持ち

右手を離し、柄杓を左手だけで持った状態で、棚板の切り込みに合(すくう部分)の下あたりの柄を掛けるように持っていきます

この時、柄の先(下の方)が先に棚に入るように、傾けた状態で持っていくと、切り込みに入りやすいです

②蓋置を飾る

柄杓を飾ると、蓋置を右手でとり左手に乗せ、棚の方に向き直り

蓋置を右手で上から持ち直し、柄杓の柄の先の地板に飾ります

この時、柄杓の柄の先を、けんどん蓋を閉める時に妨げにならないよう、蓋置で押し込むようにします

③薄茶器を飾る

お茶碗を左手で取り、右手で仮置きし、薄茶器を一手で真ん中の段・中央に飾ります

④道具を持って帰る

柄杓・蓋置・薄茶器を飾り終えると、普通のお点前同様、建水→お茶碗の順に水屋に持って帰ります

⑤けんどん蓋を閉める

水次やかんを持ってきて、水指に水を注ぎ終えると、けんどん蓋を閉め

茶道口で、水次やかんを前に置き一礼し、お点前を終えます

崩し方

①薄茶器を下ろす

最初、お茶碗を持ち出すと仮置きして、けんどん蓋を開けます

「水指を手前に引く」お点前なら、水指を手前に引き、そうでないならそのままで

薄茶器を一手で棚前少し右に置き

仮置きしていたお茶碗を左手で取り、右手を添えて持ち直してから左手で、薄茶器に置き合わせます

②蓋置を崩す

それから建水を持ち出して、棚の正面に座ります

蓋置を右手で取り、左手に乗せて居前に向き直り、右手で炉の脇・いつもの位置に置きます

③柄杓を蓋置に掛ける

柄杓の節のすぐ上あたりを、左手で手前側(身の方)から持ち、合が先に出てくるように傾けて出してくると

自然な形で右手で持ち、蓋置に掛けます

そして最初の礼をして、これで飾りは崩せたので、以降お点前を進めていきます

総飾り

旅箪笥では、以下のような形に「総飾り」ができます

手順に関しては、以下の記事をご参照ください

けんどん蓋の扱い

けんどん蓋を開ける時の手順は以下のようになります

①掛け金を抜く

右手で掛け金を抜き、けんどん蓋手前の座金の壺に差し込みます(画像左→画像右)

②けんどん蓋を外す

右手を、掛け金を手前から摘むように持ち替え、そのまま少し引っ張ります

すると、けんどん蓋が少し手前に倒れてきますので

けんどん蓋の左側・上から3分の1の位置を左手で、右手で上側・引き金の右横を右手で持ち

両手で少し持ち上げ、けんどん蓋を外します

③けんどん蓋を立て掛ける

両手で持ったまま、立て掛ける向き(引き金が棚に当たる向き)にかえつつ、左膝横あたりに移動します

右手を離し左手だけで持ち、棚に立てかけます

この時、手がかり分(3cmほど)手前に出るようにしておきます

けんどん蓋を閉める時は、これと逆の動きをしていけば大丈夫です!

旅箪笥のお点前:まとめ

ということで、旅箪笥のお点前についてまとめますと

飾り方意外に、3パターンのお点前ができる

 ①最初に水指を手前に引く
 ②「芝点」
 ③下の棚板を上の棚板に重ねる

飾りは二飾りまであり、二飾りでは、柄杓を板の切り込みに掛ける

けんどん蓋の扱いも、他の棚にない大きな特徴

3パターンのお点前ができ、けんどん蓋の扱いがあり、と非常に個性ある棚で、お稽古をしていても楽しい棚です

以上です!

この記事が、旅箪笥のお点前について調べているみなさまの、お役に立ったならば嬉しく思います

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

旅箪笥の2つのお点前「芝点」「棚板を重ねる点前」については、↓の記事をご覧ください!

茶道具 棚 旅箪笥 桐生地(並)利休好写
茶道具・抹茶・八女茶の芳香園
¥ 37,160(2020/10/04 01:11時点)
タイトルとURLをコピーしました