【表千家】「絞り茶巾(冬)」のお点前【画像付】ーわかりやすく解説します

お点前【表千家】
スポンサーリンク

初めまして。表千家流の茶道講師・山下晃輝です。

お点前中、客の前で茶巾をたたみ直す絞り茶巾というお点前があります。絞り茶巾のお点前には夏バージョンと冬バージョンとがありますが

この記事では、冬の絞り茶巾のお点前の流れ意味について解説していきます。

お稽古の予習・復習などにもお役立てください

スポンサーリンク

絞り茶巾のお点前の流れ

準備

絞り茶巾のお点前では、準備の時、茶巾をいつも通りキレイに畳み終えてお茶碗に仕組んではいけません

茶巾は、ぎゅっと水を絞った形のまま、茶巾の耳が左に倒れるようにお茶碗に仕組んでおきます

茶巾はこの状態です

お茶碗は、冬のお茶碗・筒茶碗が使われることが多いです

その上に茶筅を載せ、茶杓を掛け、とそれ以外はいつも通りに準備して、お点前に入ります

お点前

・運びなら運び、棚なら棚で、普段通りのお点前を始めていきます

・茶筅とおしの行程で、最初の茶筅の時計回り⇨反時計回りを終えると、手を離し(下画像左)

・そのお茶碗にお湯を注ぎ茶筅を浸けた状態のまま、キレイに茶巾を畳み直します(下画像真ん中⇨右)

・茶巾を畳み終えると釜の蓋に預け

・以降は中断していた茶筅とおしの続きから、いつも通りのお点前を進めていきます

この茶巾をたたみ直すタイミングがポイントです

絞り茶巾のお点前の意味

お茶碗にお湯が入ったタイミングで茶巾をたたみ直すのがポイントで

その間にお茶碗と茶筅が、お湯によってたっぷりと温められるいう寸法になっています

実際お茶碗はかなり温まります

冬の寒い時期には、いかに炉の火があるといっても茶室の中も寒くなります

そんな中、たっぷりとあたためられたお茶をお客さんに出すための、最も寒い時期のお点前が、冬の絞り茶巾のお点前です

まとめ

ということで、絞り茶巾のお点前についてまとめますと

・絞り茶巾のお点前にはの二種類ある

・お点前では茶巾をたたみ直すタイミングがポイント

・寒い中たっぷりとお茶碗を温めるのが目的の真冬のお点前

絞り茶巾のお点前でたっぷりと温められたお茶碗を手に持つと、毎年冬を実感します

茶道は季節を感じるもので溢れていますが、この絞り茶巾のお点前もその一つですね

冬しかできない絞り茶巾のお稽古を楽しみましょう

↓筒茶碗はぬくもりが感じられる楽茶碗がオススメです

茶道具 抹茶碗 筒茶碗 赤楽 佐々木松楽作
茶道具・抹茶・八女茶の芳香園
¥ 8,580(2021/03/04 06:40時点)
タイトルとURLをコピーしました