禅語「日日是好日」の意味・解釈|原典から解説

掛軸の禅語
スポンサーリンク

『mame-sadou.com』にようこそ、表千家流の茶道講師・やましたです!

禅語「日日是好日にちにちこれこうじつ」の意味・解釈を、原典のエピソードから解説した記事です。

2018年に黒木華さん主演の「日日是好日」という映画が上映され、この言葉をご存知の方も多いかと思います。(下の記事で感想を書いています)

お茶会やお稽古など茶の湯の世界でも、掛け軸としてよく使われる禅語なので、茶道をしている方にも馴染み深い禅語のはずです。

この記事を読み終えることで、そんな禅語・日日是好日とは何か、一通り知っていただけるはずです!

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

「日日是好日」の現代語訳

禅語「日日是好日」を訳すると

「毎日が良い日である」

となります。

日々生活していると、良いことが起きる「良い日」もあれば、悪いことが起きる「悪い日」もあります。

では、「毎日が良い日」とは?

どんな風に読み取れるか、以下で見ていきましょう

「日日是好日」の原典

「日日是好日」は禅の世界の公案(『碧巖録』に収録)です。

公案とは、禅宗で雲水(修行僧)が修行するために師匠から与えられるお題のことです。
修行をする中で多い時は1日に数度も師匠に呼び出され、回答を求められては追い返され、また回答の提出を求められ、と繰り返します。

公案「日日是好日」の内容

雲門という高名な禅師が弟子たちに問いました。

「これまでの15日間のことは問わないが、これから15日以後の自分の心境を一言で言ってみよ」

誰も即答できずにいると、雲門自ら言った。

「日日是好日」(毎日が良い日である)

「日日是好日」の意味

「日日是好日」の意味を、上の公案の内容を受けて解説していきます。

✖️引き寄せの法則

ここで間違いたくないのは、

「15日後のその日も、いつも、良いことが起こる日である」と思うことでポジティブになろう、悪いことを引き寄せないでおこう、

というような「引き寄せの法則」ではないということ。

事実として、

15日後のその日に、良いことが起こるかも、悪いことが起こるかも、わかるものではありません。

その認識に立った上でなお、その日も「良い日である」と言っているところに価値があるのです。

人生に無駄な日は1日もない

なぜ未来の、何が起こるかわからない日を良い日だと言い切れるのか?

やっぱり

意地悪をされたら嫌な気持ちです

人との別れがあったらツライです

嫌なこと、ツライこと、そんな「悪い日」もできれば避けたいものですが、どうしてもなくなることはありません。

その時のマイナスの感情も当然のもので、否定する必要もありません。

ただ、

人生を訓練と考えると、嫌なことも、ツライことも、全てが自分を成長させてくれる可能性のあるものです。

そこに目をやり、

「悪い日」の感情に縛られたままでなく、人生という広い視点に移ることができた時には、

そうした「悪い日」は、自分自身を成長させる、深みを与えることに関して「良い日」となるのかもしれません。

ただ、

こう考えるのが良いと知ったからと言って、すぐに「良い日だ」と100%そうと思い込むことは難しいものです。

そのためにお坊さんは修行してきたのです。

そう思える方は悟っています

どうしても

本当にツライこと、悲しいことはやっぱりあります

それでも、

そう思うことで、自分の感情にただただ捕らえられてしまっている状態よりも、少しだけ現実を受け入れて前向きになることはできます。

まとめ

ということで、「日日是好日」の禅語についてまとめると、

訳すると「毎日が良い日である」

人生にはツライことも悲しいこともある

人生を訓練と捉えると、どんなことも自分自身を成長させてくれる鍛錬となる

自分の成長という視点に立つことで「全てが良い日である」

人は、

人の持つ認識の奴隷になって苦しむのでなく

人の持つ認識の主となって幸福になるべき

こんなことを教えてくれるように感じる禅語です。

苦しい時にこそ思い出したい禅語です

茶道をやる中で、その時々にいろいろな禅語に出会ってきました。

人生のその時々、特に苦しい時辛い時ほど、なにか気づきをくれ、少し楽にしてくれたり。

そんな禅語を、これからも少しずつ紹介していけたらと思います。

くり返し読みたい禅語 [ 臼井治 ]
楽天ブックス
¥ 1,320(2021/03/01 12:49時点)
タイトルとURLをコピーしました